Post Bank

ソフトウェアエンジニアの技術的、投資的、日常的つぶやき

【React】Material-UIでヘッダーを作る

Material-UIを使って、ReactのHeaderコンポーネントを作成する。

準備

以下のコマンドでMaterial-UIをインストールする。

npm install --save @material-ui/core
npm install --save @material-ui/icons

コード

import React, { Component } from 'react';
import PropTypes from 'prop-types';
import { withStyles } from '@material-ui/core/styles';
import AppBar from '@material-ui/core/AppBar';
import Toolbar from '@material-ui/core/Toolbar';
import Button from '@material-ui/core/Button';
import IconButton from '@material-ui/core/IconButton';
import MenuIcon from '@material-ui/icons/Menu';
import List from '@material-ui/core/List';
import ListItem from '@material-ui/core/ListItem';
import ListItemIcon from '@material-ui/core/ListItemIcon';
import ListItemText from '@material-ui/core/ListItemText';
import Drawer from '@material-ui/core/Drawer';
import { Link } from 'gatsby';

const styles = {
  list: {
    width: 250,
  },
  root: {
    flexGrow: 1,
  },
  menuButton: {
    marginLeft: -12,
    marginRight: 20,
  },
};

class Header extends Component {
  state = {
    left: false,
  };

  toggleDrawer = (side, open) => () => {
    this.setState({
      [side]: open,
    });
  };

  render () {
    const { classes } = this.props;

    const sideList = (
      <div className={classes.list}>
        <List>
          <Link to="/">
            <ListItem button>
              <ListItemText primary="Home" />
            </ListItem>
          </Link>
          <Link to="/about">
            <ListItem button>
              <ListItemText primary="About" />
            </ListItem>
          </Link>
        </List>
      </div>
    );

    return (
      <div className={classes.root}>
        <AppBar position="relative" color="inherit">
          <Toolbar>
            <IconButton className={classes.menuButton} color="inherit" aria-label="Menu" onClick={this.toggleDrawer('left', true)}>
              <MenuIcon />
            </IconButton>
            <Drawer open={this.state.left} onClose={this.toggleDrawer('left', false)}>
              <div
                tabIndex={0}
                role="button"
                onClick={this.toggleDrawer('left', false)}
                onKeyDown={this.toggleDrawer('left', false)}
              >
                {sideList}
              </div>
            </Drawer>
            <strong>
              <Link to="/" style={{ boxShadow: 'none', textDecoration: 'none', color: 'inherit', fontFamily: 'Montserrat, sans-serif', }}>Post Bank Extra</Link>
            </strong>
          </Toolbar>
        </AppBar>
      </div>
    );
  }
}

Header.propTypes = {
  classes: PropTypes.object.isRequired,
};

export default withStyles(styles)(Header);

ほぼMaterial-UIのデモコードのコピペ。
stylesは、それぞれのコンポーネントに指定するCSSスタイルを記述している。
sideListで、メニューを開いたときのリンクのリストを作成する。今回はgatsbyLinkコンポーネントを使用しているが、react-router-domとかのLinkでもOK。
メニューを開くかどうかは、stateで管理している。
withStylesは、Material UIのCSS in JSのAPIで、CSSを記述したstylesを引数にとって、classesプロパティを持ったコンポーネントを返す。className={classes.root}などと指定すると、stylesで指定したCSSスタイルを適用することが出来る。

見た目

メニューアイコンをクリックすると、左からメニューが出てくる。

f:id:john_kaz:20181118145403g:plain

まとめ

ReactのCSS適用って色々方法あってどれが最適なのかよくわからない。
上の例みたいにwithStyles使ったり、styleで直接適用するのを混ぜるのは多分間違ってる。

Post Bank Extra

Gatsby.jsで爆速で爆速のブログを作った

Gatsbyは、React用の静的サイトジェネレーターです。
Gatsby + Github pagesでブログを作ってみました。まだまだGatsbyについては理解が整理できてないので、解説は後ほど。
とりあえず、Post Bank Extraもよろしくお願いします。
まだコンテンツが全然ないからか、Gatsbyの実力か、阿部寛のホームページ並みに爆速です。

Post Bank Extra f:id:john_kaz:20181117190129p:plain
阿部寛のホームページ
f:id:john_kaz:20181117223743p:plain:w300

Githubのアカウント切り替えに苦労した話

はじめに

仕事用にGithubのアカウントは持っていたが、プライベート用にもう一個アカウントを作って自由に切り替えられるようにしたかった。今までのアカウントは全部HTTPScloneとかpushしてたので、最初プライベートアカウントもHTTPSでやろうとしたけど、Permission Errorが出て解決できなかったので、プライベートはSSHでやることにした。
Permission Errorの原因は、ここに書いてあることっぽい。要は、Githubのcredential helperという認証情報を記憶する仕組みによって、仕事用のアカウントでプライベートアカウントにアクセスしようとしたのが原因。
以下には、SSHを設定する方法を記載する。

手順

いろんな方が既に記事にしてる通り、
1. ローカルでSSHキーペアを生成する
2. 生成したSSHキーの公開鍵をGithubに登録する
3. ~/.sshのconfigを編集する
4. リポジトリのconfigにユーザー名、メールアドレスを設定する

1. ローカルでSSHキーペアを生成する

以下のコマンドでSSHのキーペアを生成する。

cd ~/.ssh
ssh-keygen -t rsa -C [メールアドレス] -f [キーのファイル名]

2. 生成したSSHキーの公開鍵をGithubに登録する

サブアカウントGithubにログインして、以下のページのNew SSH keyから生成したSSHキーの公開鍵を登録する。
github.com
Titleの欄には、自分で後から見て判断しやすい名前を入力。
このコマンドで公開鍵の中身をクリップボードにコピー出来るので、Keyの欄にペースト。

cat ~/.ssh/[ファイル名].pub | pbcopy

3. ~/.sshのconfigを編集する

~/.ssh/configに以下を追記する。(なければ新規作成する。)

Host github.com
  HostName github.com
  User git
  Port 22
  IdentityFile ~/.ssh/[1.で生成したSSHキーのファイル名(拡張子なし)]
  TCPKeepAlive yes
  IdentitiesOnly yes

ここの設定で最初1行目をHost github.com.privateと書いていたが、これだとSSHで通信できなかった。ここの記事にあるように、リモートリポジトリを設定するときにHost名を変えなきゃいけないらしい。今回はプライベートアカウントだけSSHキー登録したので、デフォルトのHost github.comにした。

4. リポジトリのconfigにユーザー名、メールアドレスを設定する

これでPermission errorで弾かれることはなくなったが、pushしてみると、仕事用のアカウント名でpushされるので、以下のコマンドでユーザー名とメールアドレスを登録する。このコマンドは、リポジトリ毎に打たないといけない。

git config user.name [プライベートアカウントのユーザー名]
git config user.email [プライベートアカウントのメールアドレス]

これでプライベートアカウントの設定は完了。

まとめ

SSH接続自体は今回初めてではなかったが、Githubに設定したのは初めてだった。少し勉強になった。

参考